2006年07月24日

Game97:マリナーズ5,レッドソックス2 (46-51)

7/22今季第97戦、マリナーズはレッドソックスに5-2で勝ち。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/mlb/news/boxscore.jsp?gid=2006_07_22_bosmlb_seamlb_1&c_id=sea
posted by モモンガ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Game96:マリナーズ4,レッドソックス9 (45-51)

7/21今季第96戦、マリナーズはレッドソックスに4-9で負け。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/mlb/news/boxscore.jsp?gid=2006_07_21_bosmlb_seamlb_1&c_id=sea

posted by モモンガ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

アルフォンソ・ソリアーノ

トレードデッドラインが近づき、トレードの噂が多く聞かれる時期になりました。
マリナーズに関しては、ナショナルズのソリアーノに強い関心を示しているという噂が広がっています。

ナショナルズはマリナーズとヤンキースのゲームにスカウトを派遣してアダム・ジョーンズをウォッチ。
さらにAAAタコマにもスカウトを送っています。

ただ7/21のDetroit Free Press

http://www.freep.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20060721/SPORTS02/607210423/1050

によるとNatsのボウデンGMの要求が高すぎるためにM'sは興味を失ったとあります。
ナショナルズの要求はアダム・ジョーンズに加えステファン・カーン、エリック・オフラハティとのこと。

バベジGMがこれまで行ってきた動きについては賛否両論ありますが、
若手有望選手を放出をせずファームを建て直してきた点は評価できます。

今回もその方針に従うべきですが、
低迷が2年続き決して安泰とは言えない状況にあるバベジが
地位を守るためにこういうトレードに飛びつくのではという懸念も多少あります。
posted by モモンガ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

Game95:マリナーズ3,ヤンキース2 (45-50)

7/19今季第95戦、マリナーズはヤンキースに3-2で勝ち。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/mlb/news/boxscore.jsp?gid=2006_07_19_seamlb_nyamlb_1&c_id=mlb

先発投手のメッシュは6回2失点1BB,6Kの好投。
昨年とは別人のような投球を続けています。

マーク・ロウは、同点一死三塁でバーニー・ウィリアムズを三振、スティネットをライトフライに打ち取りました。
通算5.2回無失点0BB,7Kのスタッツは期待以上にすばらしいです。
ロウ-ソリアーノ-プッツのリレーは今後マリナーズの強力な武器になりそうです。

先日DFAになったペタジーニはウェイバーで獲得するチームはなく、AAAタコマへの配属を受け入れたようです。

マリナーズは外国の12人の選手と契約したと発表しました。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20060719&content_id=1564399&vkey=pr_sea&fext=.jsp&c_id=sea
posted by モモンガ at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Game92:マリナーズ3,ブルージェイズ4 (44-48)

7/16今季第92戦、マリナーズはブルージェイズに3-4で負け。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/mlb/news/boxscore.jsp?gid=2006_07_16_seamlb_tormlb_1&c_id=sea
posted by モモンガ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Game91:マリナーズ6,ブルージェイズ7 (44-47)

7/15今季第91戦、マリナーズはブルージェイズに6-7で負け。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/mlb/news/boxscore.jsp?gid=2006_07_15_seamlb_tormlb_1&c_id=sea
posted by モモンガ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

Game90:マリナーズ5,ブルージェイズ3 (44-46)

7/14今季第90戦、マリナーズはブルージェイズに5-3で勝ち。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/mlb/news/boxscore.jsp?gid=2006_07_14_seamlb_tormlb_1&c_id=mlb

後半戦スタートを白星で飾りました。

ただ西地区の他チームもすべて勝ち、明日はサンタナと並ぶリーグ最高の投手ハラディが先発なので厳しいです。

注目のアダム・ジョーンズは守備は今日のゲームでは問題なくこなしたようです。
打撃では3打数ノーヒット、1四球。四球を選んだのは評価できますが早くヒットが欲しいところ。たぶんしばらくはメジャーの投手への対応に苦しむとは思いますが。
なお、ジョーンズ等の昇格に伴いロースター枠を空けるためにジェフ・ハリスがリリースされるようです。

タコマではクルセタが先発し、6.1IP,6H,4R,4ER,3BB,8K,2HR(4.15ERA)という出来でした。相変わらず奪三振が多いですが四球をもっとカットしないとメジャーでは厳しいでしょう。
またスネリングはライトを守り0-4,1BB(.280/.393/.440),
クレメントは1-4,2B(.226/.284/.306)でした。

http://www.minorleaguebaseball.com/app/milb/stats/stats.jsp?sid=milb&t=g_box&gid=2006_07_14_tacaaa_poraaa_1

AAサンアントニオではチックが先発、7IP,4H,2R,2ER,3BB,5K,1HR(2.84ER)とまあまあでした。

チェン1-4,(.288BA),バレンティン1-3,1BB(.259BA),ウィルソン2-4,1HR(.372BA),トゥイアソソポ0-4(.203BA)

http://www.minorleaguebaseball.com/app/milb/stats/stats.jsp?sid=milb&t=g_box&gid=2006_07_14_sanaax_spraax_1
posted by モモンガ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

ジョーンズ、ドブス昇格発表

マリナーズはアダム・ジョーンズとグレッグ・ドブスをAAAタコマから昇格させました。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/news/article.jsp?ymd=20060713&content_id=1555078&vkey=news_sea&fext=.jsp&c_id=sea

これに伴い、キャッチャー、ルイス・オリベロスをHigh-Aインランドエンパイアに、秋信守をAAAタコマに送りました。

ジョーンズはセンターのレギュラーになり、ドブスは左の代打として起用されると思われます。
ペタジーニ→ドブスはダウングレードですが、出番はほとんどないでしょうから大して影響はなさそうです。

秋は結局4ゲームに出場しただけでセンター失格で降格となりました。気落ちしたのか今日のタコマのゲームでは0-5,3Kでした。
posted by モモンガ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

アダム・ジョーンズ昇格

まだ公式発表はされていませんが、マリナーズはトッププロスペクトのアダム・ジョーンズをメジャーに昇格させるようです。

アダム・ジョーンズの今季の成績は以下の通り。

http://www.minorleaguebaseball.com/app/milb/stats/stats.jsp?n=Adam%20Jones&pos=NON_P&sid=milb&t=p_pbp&pid=430945

AAAタコマで82試合、328打数で.277/.332/470,OPS.802,HR 14本。
8/1に21歳になるジョーンズはジェフ・クレメントと並ぶマリナーズのトッププロスペクト。
パワー、スピード、肩を兼ね備えた非常に身体能力の高いアスリートで、マイク・キャメロンを思い起こさせます。

昨年オフのアリゾナ秋季リーグからポジションをショートからセンターに転向。
打撃はシーズンのはじめには低打率にあえいでいましたが徐々にAAAにも慣れてまずまずの数字になってきました。

おそらく秋信守の守備はセンターとしては不十分との判断からジョーンズの昇格となったのだと思いますが、
これは急がせすぎというのが大方の見方で、若すぎるジョーンズをメジャーに上げてもすぐには結果を残すことはできないと思われます。
これがジョーンズの自信を失わせて今後に悪影響を残すようなことになることが心配です。

ジョーンズの昇格に伴い、AAからAAAへオズワルド・ナバーロが昇格するようです。
ナバーロはあまり打てませんが、ミドルインフィールダーとしてマリナーズのマイナーシステムでNo.1の守備力を持つ選手です。

昨日のオールスターではイチローが先発ライトで0-3,ロペスは9回に代走として出場して得点、その後サードの守備について2回の守備機会でエラーを1つ記録。
出場しなかったピアジンスキー以外の野手が全員打席に立ったのに、ロペスに打席が与えられなかったのは残念でした。

今日のAAAオールスターではマリナーズの選手は出場はありませんでした。
posted by モモンガ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

Game89:マリナーズ3,タイガース2 (43-46)

7/9今季第89戦、マリナーズはタイガースに3-2で勝ち。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/mlb/news/boxscore.jsp?gid=2006_07_09_detmlb_seamlb_1&c_id=mlb

なんとか連敗を止めて前半戦を終了しました。
過去2年はこの時期すでにプレーオフ進出の可能性はなくなっていましたが、
今年は負け越しているにもかかわらず首位から2.5G差しかないのは幸運です。

マイナーリーグのオールスターであるフューチャーゲームにはマリナーズからはワールドチームの2BとしてChenが、DHとしてBalentienが先発出場。
Chenは0-2,1KでしたがBalentienは2-3,二塁打2本の2打点と活躍しました。

http://mlb.mlb.com/NASApp/mlb/news/article.jsp?ymd=20060709&content_id=1549242&vkey=allstar2006&fext=.jsp

今日はグァルダードとのトレードで獲得したトラビス・チックがM's入りしてから初登板しました。
結果は5.2IP,3H,2R,2ER,6BB,4K。失点2はともかく6四球はいただけません。
リリーフに転向させた方がいいような気がするのですが。

http://www.minorleaguebaseball.com/app/milb/stats/stats.jsp?sid=milb&t=g_box&gid=2006_07_09_mroaax_sanaax_1
posted by モモンガ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

Game88:マリナーズ1,タイガース2 (42-46)

7/8今季第88戦、マリナーズはタイガースに1-2で負け。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/mlb/news/boxscore.jsp?gid=2006_07_08_detmlb_seamlb_1&c_id=sea

6連敗となりました。

今日は相手SPが右投手だったにもかかわらずブルームクイストがCF。
秋信守がこれまでの3ゲームで見せたまずいCF守備も影響しているのかもしれません。
ただブルームクイストはあくまでも控えに過ぎないので、
オールスター後のセンターをどうするのかは難しい問題です。
イチローがセンターを守るのがベストですが可能性はなし。
したがってちょっと早すぎますがアダム・ジョーンズを上げてくるかもしれません。
リードの故障離脱は予想以上に大きなダメージになったようです。

また試合後、ペタジーニDFA,ルイス・オリベロスの昇格が発表されました。
ペタジーニのDFAはハーグローブが監督である以上もっと早くてもいいぐらいでした。
もっと優秀な監督ならペタジーニを有効に使ったはずですが、
ハーグローブはほとんどペタジーニを起用しなかったので単なるロースター枠の無駄遣いになっていました。
オリベロスの昇格は城島が明日帰国するためキャッチャーを用意する必要があったためで、
明日の試合後すぐにマイナーに戻されます。

オールスター明けにはスネリングが昇格しレギュラーDHとなり、
エバレットはレギュラーの座を失うという噂もあります。
そうなれば戦力アップは間違いないでしょう。
posted by モモンガ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

Game87:マリナーズ1,タイガース6 (42-45)

7/7今季第87戦、マリナーズはタイガースに1-6で負け。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/mlb/news/boxscore.jsp?gid=2006_07_07_detmlb_seamlb_1&c_id=sea

タイガースの先発投手ボンダーマンは近い将来サイヤング賞を争うと思われるすばらしい投手。
ピネイロは先発から降格すべき投手。
ということで勝敗は戦う前から決まっていました。

さてグァルダードが去ったことで代わりに昇格したのはマーク・ロウでした。
今日は9回に登板、2本のヒットと四球で無死満塁のピンチを迎えたものの、奪三振2つとピッチャーゴロで無失点。
球速は97マイル出ていたそうですし、なんといっても三振が奪えるのがいいです。
このままセットアップに成長してくれれば、
三振が取れず、HRを打たれやすいマテオを大事な場面で使わずにすむようになるのですが。

posted by モモンガ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グァルダード⇔チックトレード

マリナーズはグァルダードを放出し、RHPトラビス・チックを獲得するトレードを行いました。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20060706&content_id=1542629&vkey=pr_sea&fext=.jsp&c_id=sea

シアトルはグァルダードの今季の残り年俸$3.3Mのうち約$2.5Mをレッズに払ったようです。

チックは2005年開幕前はパドレスのNo.4プロスペクト(Baseball Americaによる)にランクされていましたが、AAクラスで伸び悩み今季開幕前のランクはレッズでNo.10でした。
ファストボールは90マイル台前半、スライダーは現在平均的だが並み以上の球種になるポテンシャルがあり、チェンジアップは平均以下と評されています。
評価が下降傾向にありますが、22歳と若いので可能性は残っているといったところです。

今季のグァルダードの成績ではなんらかの見返りが得られただけでもよしとすべきでしょう。

グァルダードの放出で空いたスポットについては、クルセタ、ヒメネス、ロウが候補に挙げられているようです。
posted by モモンガ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

Game86:マリナーズ0,エンジェルズ4 (42-44)

7/5今季第86戦、マリナーズはエンジェルズに0-4で負け。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/mlb/news/boxscore.jsp?gid=2006_07_05_anamlb_seamlb_1&c_id=sea

コロラドとの3戦目以降勢いを失っているM'sがスイープされたことは不思議ではありません。
明日がオフで、タイガース3連戦後オールスターブレークに入るのはありがたい。

出場機会が少ないとハーグローブに文句を言ったエバレットの打席数はここまで299。
常識的に考えれば.233/.308/.372のDHと来季も契約するはずがなく、450打席に達するまでにリリースされるでしょう。

タコマに降格になったモースが試合中に故障。復帰には2ヶ月はかかる見通しです。またリードの離脱期間も同じくらいのようです。

ドラフト1位のブランドン・モローがデビュー。
ピオリアマリナーズで1イニングを投げ、3人に対し奪三振1,内野ゴロ2つの内容でした。
posted by モモンガ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

Game84:マリナーズ1,エンジェルズ7 (42-42)

7/3今季第84戦、マリナーズはエンジェルズに1-7で負け。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/mlb/news/boxscore.jsp?gid=2006_07_03_anamlb_seamlb_1&c_id=sea

昨日の後味の悪い敗戦の後の完敗。
M'sの調子は下降に向かっているようです。

故障したリードの代役は大方の予想通り秋信守でした。
秋信守は打率を残せる打者で選球眼がよく、強肩俊足とツールの揃った選手です。
弱点としては打球の追い方がうまくないためCFとしてはどうか、という点と左投手が打てないこと。
去年は安定した成績は残したものの429打数で11HRとパワーが物足りなかったためやや評価を落としていました。
今年の成績は.327/.401/.506と好成績ですがAAA2年目なので評価が難しいところです。
どうやらリードと同じくブルームクイストとのプラトーンという起用法になりそうですが、左と対戦しないこともあり打撃では今季のリードよりはましな成績を残す可能性は高いと思います。

またグリーンに代わってフルートが昇格しましたが今日はボロボロでした。
突然の昇格ということで同情の余地はありますが。

9回2死からピネイロが登板しましたが、調整登板であってローテーションを外れるわけではなさそうです。
ピネイロは先発ではもう無理でしょうが、リリーフとしてなら役立つ可能性があると思うのですが。
posted by モモンガ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Game83:マリナーズ3,ロッキーズ4 (42-41)

7/2今季第83戦、マリナーズはロッキーズに3-4で負け。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/mlb/news/boxscore.jsp?gid=2006_07_02_colmlb_seamlb_1&c_id=sea

記録に残らない守備のミス、数々の逸機、采配ミスによって負けた上に複数の故障者まで出た最悪のゲームでした。

リードの右手親指の骨折は4-6週間、あるいは今季絶望の可能性もあるようです。
リードは今季もシーズン半分以上を消化した現時点で.217/.260/.377という成績ですからそろそろ見切りをつけるべきなのかもしれませんが、
少なくともセンターの守備はまともでした。
今後のCF候補と見られるブルームクイスト、秋信守、スネリングのセンター守備はリードよりはるかに劣ると見られます。

今季のマリナーズの守備については内野はいいが外野は平均以下という数字が出ています。
これはレフトにイバニェスが守っているためですが、さらにセンターまで弱体化すればどうなるかと考えると怖ろしいです。

またソリアーノは肩に痛みを抱えていることが判明。
DL行きともなればソリアーノ-プッツに頼ってきたM'sにはこの上ない打撃となるでしょう。

今日背中を痛めたグリーンはおそらくDL入りし、フルートが上がってきそうです。

これまでは故障者がほとんどいなかったことが同地区の3チームに対する大きなアドバンテージだったのですが。

オールスターにはM'sからはイチローとロペスが選ばれました。
ロペスは出番があるかどうかわかりませんが、選出されたことは大きな自信になるでしょう。

http://mlb.mlb.com/NASApp/mlb/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20060702&content_id=1535338&vkey=pr_mlb&fext=.jsp&c_id=mlb
posted by モモンガ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

Game82:マリナーズ8,ロッキーズ7 (42-40)

7/1今季第82戦、マリナーズはロッキーズに8-7で勝ち。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/mlb/news/boxscore.jsp?gid=2006_07_01_colmlb_seamlb_1&c_id=sea

ピネイロが3回もたずに7失点で2-7となったところから逆転勝ち。
大きな1勝でした。

ピネイロはもはやメジャーでは通用しないと思いますが、
次回はよくなるだろうと試合後ハーグローブが語っているので、
まだローテーションから外さないつもりかもしれません。

AAAタコマは6-2で勝ち。

http://www.minorleaguebaseball.com/app/milb/stats/stats.jsp?sid=milb&t=g_box&gid=2006_07_01_freaaa_tacaaa_1

RF秋信守 3-4,2B,HR,1BB (.322BA)
CFジョーンズ 1-3,2BB (.275BA)
LFスネリング 2-3,1BB (.296BA)
SSモース 2-4 (.241BA)
DHクレメント 1-4 (.216BA)

RPフルート 2IP,0H,0R,0BB,2K (3.03ERA)

AAサンアントニオは8-4で勝ち。

http://www.minorleaguebaseball.com/app/milb/stats/stats.jsp?sid=milb&t=g_box&gid=2006_07_01_sanaax_friaax_1

2Bチェン 2-5,HR (.400BA)
RFバレンティン 0-3,2BB (.255BA)
LFウィルソン 1-4 (.281BA)
3Bトゥイアソソポ 2-4,1BB (.290BA)

SPブラックリー 5IP,2H,2R,2ER,1BB,2K (4.25ERA)
RPオフラハティ 2.1IP,2H,2R,0ER,1BB,1K (0.87ERA)

7月になってYung Chi ChenもAAに昇格したようです。
チェンはHigh-Aにおいて278打数で.342/.388/.478,5HRと好成績でした。
posted by モモンガ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。