2006年08月19日

Game121:マリナーズ2,エンゼルス5 (56-65)

8/17今季121戦、マリナーズはエンゼルスに2-5で負け。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/mlb/news/boxscore.jsp?gid=2006_08_17_seamlb_anamlb_1&c_id=sea

記録的な負けっぷりにうんざりしていましたが、興味深いトランザクションもあったので久しぶりに更新します。

LHPエリック・オフラハティが昇格、16日のA's戦に初登板

0.2IP,1H,0R,1BB,1K

という内容。四球は敬遠なのでまずまずのデビュー。
ロウほどではなくても、優秀なリリーバーとして定着することを期待できると思います。

またOFクリス・スネリングがDLからマリナーズに復帰、今日のゲームで代打で出場して三振しました。
どうやらスネリングはすでにオプションが切れているためにDLかメジャー25人枠に入れておかなければならない状態のようです。
オプションがないためマイナーに送ろうと思えばウェイバーを通さねばなりませんが、
彼ほど才能のある選手にどこのチームも手を挙げないということはありえません。
したがって8/3の記事で書いたことは間違いだったということになります。

スネリングは去年AAAで圧倒的な成績を残しておりもはやマイナーで学ぶことは何もありません。
彼をメジャーで見られるのはうれしいですが、
残念ながらハーグローブがスネリングをほとんど使わないことも確実です。

オフラハティ、スネリングが25人枠に入ったことで、グリーン、ドブスが降格しました。







posted by モモンガ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

情熱と野心を秘めた「織田信長」タイプ
Excerpt:       【 イラスト:室谷雅子 】  常識破りとも思える方法と卓越した技術で道を切り開いてきたメジャーリーグの天才イチローの姿は、あふれんばかりの才能と稀有な先見性で天下取りを目指した織田信長と重..
Weblog: 日本歴史人物タイプ Major Leaguers列伝
Tracked: 2006-08-26 19:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。